埼玉 不動産鑑定

埼玉 無料 不動産鑑定

埼玉県といえば東京のベッドタウンとして知られています。東京では買えない価格で不動産が購入出来るということで埼京線の沿線などで戸建てやマンションをローンを組んで購入する人も多かったようです。ところが最近は都心への回帰現象等で不動産物件を売却する場合もあるようです。あるいは遺産相続に絡んだ住宅の売却処分もあるかもしれません。こうした不動産を売却する時は、早まって一つの会社で売ることを決めるべきではないでしょう。不動産は単価が大きいので複数の会社から、しっかり見積りを取るべきでしょう。

 

複数社から無料の不動産見積もりを取る場合、

 

 

1 ↓まずは、ここで見積もりを取りましょう↓

 


2 ↓次に、ここで見積もりを取りましょう↓

 

 

3 ↓今度は、ここで見積もりを取りましょう↓

 

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

 

あとは、不動産の査定価格が届くのを待つだけです。

 

上記の不動産見積もり査定は、 さいたま市西区, さいたま市北区, さいたま市大宮区, さいたま市見沼区, さいたま市中央区, さいたま市桜区, さいたま市浦和区, さいたま市南区, さいたま市緑区, さいたま市岩槻区, 川越市, 熊谷市, 川口市, 行田市, 秩父市, 所沢市, 飯能市, 加須市, 本庄市, 東松山市, 春日部市, 狭山市, 羽生市. 鴻巣市, 深谷市, 上尾市, 草加市, 越谷市, 蕨市, 戸田市, 入間市, 朝霞市, 志木市, 和光市, 新座市, 桶川市, 久喜市, 北本市, 八潮市, 富士見市, 三郷市, 蓮田市, 坂戸市, 幸手市, 鶴ヶ島市, 日高市, 吉川市, ふじみ野市, 北足立郡伊奈町, 入間郡三芳町, 入間郡毛呂山町, 入間郡越生町, 比企郡滑川町, 比企郡嵐山町, 比企郡小川町, 比企郡川島町, 比企郡吉見町, 比企郡鳩山町, 比企郡ときがわ町, 秩父郡横瀬町, 秩父郡皆野町, 秩父郡長瀞町, 秩父郡小鹿野町, 秩父郡東秩父村, 児玉郡美里町, 児玉郡神川町, 児玉郡上里町, 大里郡寄居町, 南埼玉郡宮代町, 南埼玉郡白岡町, 北葛飾郡杉戸町, 北葛飾郡松伏町に対応しています。

 

家を買うことに失敗したら

家、不動産,マンションを買うことに失敗するとなかなか厄介なことになります。 家を買うことに失敗するパターンはいろいろあるでしょう。隣人に変な住人がいるとか工事が手抜きだったとか、かつて沼地だった場所に住宅が建てられていて地盤沈下を始めたとか、急に転勤が決まったとかさまざまな理由が考えられます。 おそらく普通の人間が一生のうちにする買い物のウチでもっとも高額なものが住宅でしょう。不幸にして家を買うことに失敗したら住宅ローンを払いながら住み続けるか損失を覚悟して処分するしかありません。 場合によっては一生分の稼ぎを棒に振ることもあるかもしれません。しかしながら、仮に売却ということになったとしても損失は最小限に抑えたいですよね。 購入不動産を処分するには、まずは無料の不動産査定から始めると良いでしょう。

限界マンションの存在

以上は、一戸建てを念頭に置いた説明だが、その他の空き家には、一戸建てだけでなく、賃貸住宅や分譲マンション・団地の空き家も含まれている。 賃貸住宅で募集が行われなくなるのは,荒廃が進み、借り手を呼び込むことが難しくなったようなケースであろう。
そのような物件は、外部不経済をもたらすようになる可能性が高い。 分譲マンション・団地では建物が老朽化するにつれ、当初購入して住んでいた人も高齢化していくが、そうした人たちが病気で入院したり、施設に移ったり、あるいは死亡したりした後に空き家になるケースはよくある。
こうして空き家率が高まっていくと、管理組合が機能しなくなり、建物の手入れが行われず、やがてスラム化していく可能性が高まっていく。スラム化したマンションは周辺の環境に悪影響を与える。
こうした分譲マンションは、人口が著しく減少し、共同体としての機能を果たせなくなっている集落を「限界集落」と呼ぶのになぞらえ、限界マンションと呼ばれることがある。 このような物件は、都市圏、地方圏ともに見られる。


米山秀隆著 「空き家急増の真実」より転載

耐震リフォーム

ご承知の通り、日本は大変、地震の多い国です。リフォームをせっかくするのでしたら耐震リフォームをご検討いただくのも良いかもしれません。地震というものは、いったい、いつ、どのような形で起きるか予想がつきにくいものです。 安全な住まいを作っておけば、いつ何時、地震が発生しても安心です。阪神淡路大震災の時でも、きちんとした形で住居を建築してあった場合は、そうでない場合と比較して地震の被害が少なかったという例もあるようです。 こうした地震対策というものは、実際に発生するまで「まあ、いいか。そんなに頻繁に起こるものではないし」ということで、ついつい後回しにされがちですが、いざ実際に地震が起きてみると「ああ、あのときリフォームをしておくべきだった」と後悔されることが多いものです。 せっかくリフォームしたは良いけれど、地震対策が何も為されていなかったために、新しくした外壁や内装にヒビが入るとか、最悪の場合、家屋の下敷きになる、などといった可能性もまったくのゼロではありません。 日々、毎日、安心して暮らすためにも耐震リフォームを考えてみるのも悪くないはずです。

マンションの価値は家賃のXX倍

注)価値と価格は同じではありません。気を付けて下さい。
分譲マンションを例にとろう。埼玉県の築浅マンション(築10年以内)であれば次の簡単な計算式で、ほぼ適正な価値を出せる。
マンションの価値=毎月の家賃X200倍
(中略)
家賃さえわかればマンションの価値が計算できるわけで簡単である。インターネットで検索すれば、自分のマンションのある地域の賃貸相場は簡単に入手できる。 時間もコストもかからない。 通常の不動産鑑定では、場所や道路付け、近隣環境、築年数、駅からの距離など様々の点を考慮して価格を導き出す。不動産の専門家でない限り、自力では鑑定はできないから、不動産鑑定士などに頼む必要があり、コストがかかる。 売るべきか売らざるべきか。売却可能価格と上記の計算で出した価値を比較すれば決められる。計算によるマンションの価値が5000万円、だが売りに出したら4000万円の価格しかつかない。その場合、我慢して売るのを待つ。逆に6000万円の値が付いたのであれば迷わず売れば良い。

お金はサルを進化させたか 良き人生のための日常経済学 野口真人著より転載








埼玉 不動産鑑定 アパート・マンション解約 学生向け賃貸アパート・マンション 空室、空き部屋対策:大家 空室・空き部屋の原因 当サイトについて